ゴルフ上達はゴルフ上達の秘訣から

皆様とご一緒に楽しいゴルフライフを過ごしましょう!!

ゴルフダイジェスト





リンク


ゴルフ用品のメガストア

7番アイアンで30ヤード飛距離アップ

アイアンで重要なのは「飛ばそうとしない」こと

自分にピッタリと合ったクラブは危険

地面反力はどうやったら使える?

90を切るためにはなにが必要

トップで止めて打つ!

背中の左側でクラブを引っ張る

ゴルフクラブはどう振り上げるのが正解?

インパクトの作り方

ボールの曲げ方、最新理論は知ってる?

左腕が伸びていれば軸はブレない





ゴルフボール

アトミックゴルフ

 ドライバーの飛距離を伸ばす

通常のショットでは、インパクトで体重の6割が左足に乗るように体重移動を行います。しかし、ここ一番でボールを遠くへ飛ばしたいときは、インパクトで体重の6割が右足に残るように心がけます。

右足の蹴りを使えるようになり、いつも以上のパワーをボールに伝えられるので飛距離が伸びます。ただし、左右に曲がる危険があることも頭の中に入れておきましょう。


右足体重スイングを行う場合、アドレスの形やボールの位置は通常と同じです。右足に6割、左足に4割の体重配分で構えます。

バックスイングでは、右足股関節の上に上体を乗せるイメージで右足に体重の9割を乗せます。通常はトップで体重の8割を乗せるので、ここが大きな違いです。いつもよりもう一声! のイメージで上体を回しましょう。


インパクトで右足に体重を多く残すものの、ダウンスイングで左足への体重移動は行います。注意点は上体が目標方向へ突っ込まないようにすること。頭を動かさず、体の軸を中心にその場でクルッと回るイメージです。右足股関節の上にまだ上体が残っているうちにクラブを振り抜くと自然に右足で地面を蹴ることができます。

インパクト後はフィニッシュまで振り切りますが、背中にシャフトが当たるぐらいまで振ってみましょう。高弾道のキャリーボールが打てるので、飛距離が伸びます。



今平周吾




 ゴルフ上達





 ゴルフが上手くなる方法





ゴルフ場予約






リンク


アプローチは左足に体重の6割

グリーン周りで有効なウェッジ以外のクラブ

ドライバーの飛距離を伸ばす

バンカーは砂を薄く長く取るイメージ

バンカー一発脱出術

逆目のラフからアプローチ

香妻琴乃流・風に負けない強いボールの打ち方

憧れのハイドロー

アイアンでコスり球や引っかけ

原英莉花

原英莉花がジャンボから掛けられた“金言“集

冬場のラウンド

UTで転がし

フィネスウェッジ

スナップ抜きの距離感合わせは無理が生じる

手首を180度返せば高いフォローになる

石坂友宏、ドライバーが曲がらない秘密

飛距離を伸ばすポイント










ゴルフ上達  ルール  上手くなる方法 









Copy rights (c) 2020 ゴルフ上達の秘訣All Rights Reserved